実例:給湯機の交換②・バスホット取付工事

日常生活で直面する、水まわりのトラブル。
実際に、藤彰工業が施工した水道修理工事の実例を元に、
水まわりのトラブルの修理方法をご紹介していきます。

実例:給湯機の交換・バスホット取付工事

 


father-32◆ご依頼人様の悩み(都市ガス供給会社へ)

「灯油式の給湯器を使っています。
年々、冬の寒さが辛くなり、灯油の補充が苦痛です。
灯油は価格変動もあるので、
ガス式の給湯機に交換したいです。」

 

father-16◆ワンポイントアドバイス

「ガス式給湯器と灯油式給湯器の比較には、
どちらにも長所と短所があります。今回のご依頼では、
ガス給湯器のメリットとご要望が一致していますね。」

 

father-17

 

「今回は、給湯器施工後、浴室の防寒対策に、
バスホット(浴室暖房)の取付け依頼がありましたので、
そちらの工事も合わせて紹介します。」

 

 

【工事内容】

灯油式給湯機からガス式給湯機に燃料転換工事を行いました。
また浴室にバスホット(浴室暖房)を取付けました。

 

修理工事開始!! 

 

◆給湯器の交換

1.既存の灯油式給湯器と、燃料タンクの撤去

1

 

 

2.新規ガス式給湯器の据付、ガス配管の延長・接続工事

2

 

3.室内お風呂、キッチンのリモコンの交換

 

4.気密検査・試運転

 

 

◆バスホット(浴室暖房)の取付工事

 

1.既存換気扇の撤去

3

4

5

 

 

2.バスホット(室内)、燃焼機(室外)の取付け

6

7

8

 

3.気密検査・試運転

 

father-16

「灯油式給湯機からガス式給湯機に交換する工事と、
バスホットの新規取付工事を行いました。
今回のように、灯油式給湯器を交換する場合、
燃料タンク内の灯油を空にするために、
ポリタンク等のご用意が必要になります。」

 

※バスホットは外壁に、排気用の穴をあける必要があります。
こちらのお宅は換気扇が取り付いていた為、その換気扇の穴を利用しました。
バスホットは浴室を温めるだけではなく、換気扇の役割もありますので御安心ください。

 

修理工事の費用は、下記を参考にしてください。
(当社参考:作業時間及びお客様宅への距離にもよります。
機器の値段は定価(参考)です。工事費は当社参考の価格です。
機器の仕入価格次第でもっと安く施工ができる場合もあります。)

 

◆給湯器交換の工事金額目安

 

給湯機価格 ¥200.000- 

(標準的な機種の金額。機種及び能力により多様です。)

 

配管材料 ¥20.000-

(給水管・給湯管・循環パイプ・ガス管・保温材他)

 

工事工賃 ¥50.000-

(給湯機交換・リモコン交換・各配管接続・旧機器類撤去搬出・試運転調整・取扱説明他)

 

灯油式給湯器からガス式給湯機に燃料転換する場合は、
上記の工事費を含め約30万円で交換ができます。

 

◆バスホット取付工事金額目安

バスホット価格¥85.000- 
熱源機¥105.000- ※一系統用 

(標準的な機種の金額。機種及び能力により多様です。)

 

配管材料 ¥30.000-

(ダクト、樹脂管他 ※現場により増減)

 

工事工賃 ¥30.000-(機器設置)
¥15.000-(ガス延長・接続工事)

 

バスホットの取り付けは、
上記の工事費を含め約30万円で交換ができます。

 

 

father-17

 

「給湯器の交換は、ガス管の改修工事が発生しますので、
ガス供給会社に連絡しましょう。」

 

 

◆ 給湯器交換のご依頼先

・ガス供給会社

※ご自宅に届く、ガス代の請求書の送付元が、
あなたのお家の最寄りのガス供給会社になります。

給湯器交換は、都市ガス供給の場合、供給ガス会社の
「ガス工事指定店」が施工するのが一般的な流れです。

プロパンガス供給の場合も、同等の施工の流れが良いと思います。
(液化石油ガス設備士の施工も可能です。)

 

関連記事

  1. 修理完了
  2. カバーの取り付け
  3. 洗面器下 排水トラップ
  4. トイレ交換工事完了
PAGE TOP