実例:トイレの交換③

日常生活で直面する、水まわりのトラブル。
実際に、藤彰工業が施工した水道修理工事の実例を元に、
水まわりのトラブルの修理方法をご紹介していきます。

 

実例:トイレの交換③【テナントのトイレの改修】

 


father-35◆テナント様から内装業者へのご依頼)

「新しく出店する為に、
古くなった内装を一新リニューアルしたいです。
トイレ(2か所)を和式のものから洋式にしてください。」

 

father-16◆現場調査後の工事内容

「元の配管が壁に埋まっているため、壁の解体工事
(別途工事) が必要ですね。トイレ床に段差があるので
床のハツリ工事(別途工事) と、ウォシュレット付きにする
ために電気の配線工事(別途工事)も必要です。」

※ハツリ = コンクリートなどを人力で砕いたり、削ったりする作業

 

【工事までの流れ】

ご依頼を受けてから、他業者様と打ち合せ、現場調査を行い、
ご提案とお見積りを出させてもらいます。
ご了承をいただいたら水道修理開始です!

 

トイレ修理工事開始!!

 

1.既存トイレの撤去

【施行前】

既存トイレ

既存トイレ1

【施行後】

トイレ撤去後

トイレ撤去後1

・既存トイレの撤去
・壁の解体工事(他業者様)
・床のハツリ工事(他業者様)
・配管の撤去

 

2.内装改修

 

内装改修1

・内装改修(壁、床の張り替え)工事(他業者様)
・電気配線工事(他業者様)

 

3.新規トイレの設置

新トイレ

 

新トイレ1

・新規トイレ(リモコン、紙巻器)取付
・排水チェック・リモコン初期設定

 

テナントトイレ交換工事終了!

 

father-16

「今回は内装業者から工事依頼受け施工しましたが、
トイレ交換の為に、壁と床を壊す必要がありました。
お客様の御自宅ではなく、テナントの内装改修で有った為、
業者間の打合せで工期をもうけて施工致しました。」

 

<豆知識>

※店舗のリフォーム工事は複数の工事が絡むことがほとんどです。
そのすべての段取りをお客様がするのは大変です。
業者を選択する際に、その会社ではどんな工事ができるか、
協力業者はいるかをお問い合わせすることをお勧めします。

関連記事

  1. 修理完了
  2. 11-工事完了
  3. 洗面器下 排水トラップ
PAGE TOP